ホームページを作成したら、それを公開するためにサーバーにファイルを転送する必要があります。そのサーバーは一般的には契約しているプロバイダーのホームページ用のサーバースペースを借りて公開することが多いです。個人の趣味の小さなホームページであれば充分であると思います。しかし、プロバイダーから提供されるスペースは容量が小さく制限が多いのも事実です。例えば、「掲示板を置きたい!」と思ってもほとんどの場合はNGです。「自分で撮った写真をたくさん掲載したい!」と思っても容量オーバーであまり掲載できないでしょう。(画像の質を落とせば別ですが…)

プロバイダースペースじゃ困るという人のために「無料レンタルサーバー」というものもあります。このサイトでもいくつか紹介します。無料のレンタルサーバーは無料といえどかなりの容量のスペースを貸してくれます。ただし、やはり無料レンタルサーバーにも制限があります。無料で運営する換わりに、ホームページスペースのどこかに、こちらが意図しない広告が入り込みます。消そうにも消せません。また、ほとんどの無料レンタルサーバーの場合も掲示板などの「CGIプログラム」を設置することが出来ないはずです。更に、突然メンテナンスが入ってホームページが表示されなくなったり、しばしばエラーが起きます。しかし、無料ですからあまり文句も言えません…。

また、「最初は無料のサーバーで運営して、人が多く集まるようになったら有料レンタルサーバーに替えよう」と考える人もいることでしょう。これをすると後々に大変な作業を強いられることになります。仲良くなったホームページと「相互リンク」をしていたりすると、サーバーの引越しと共にアドレスも変更になりますから、それを一件一件「変更になりました」と伝えなければなりません。これは想像するより大変な作業です。

こうした理由から、最初から有料のレンタルサーバーを使うことをおすすめします。しかし、有料といっても本当に格安のレンタルサーバーが結構あります。月額にして500円以下なんてレンタルサーバーですよ!子どものお小遣い程度の金額です。スムーズにホームページを運営するなら、これくらいの出費は安いものですよね。