脂肪を燃焼

ダイエットをしてもリバウンドによって体重が元に戻ってしまうことはよくあるケースです。どうしてリバウンドが発生するのかを知ることで、リバウンドを起こさないダイエットが可能です。身体にどのくらいの筋肉がついているかで、リバウンドのしづらさが変わることは、案外と知られていないことです。食事制限をしてダイエットをすると、身体に必要な栄養が足りなくなってしまうため、脂肪を燃焼させることができます。
脂肪を燃焼させることができれば、体重を減らすことにつながるのですが、気をつけなければならない点があります。筋肉が少なくなると、リバウンドが起きやすくなりますが、身体の脂肪を燃やしてエネルギーを確保する時、筋肉も一部燃やしています。筋肉の量は基礎代謝の量と深い関係があるので、筋肉が減ってしまうとそれだけ消費することができるカロリーの量も減ってしまうことになります。
筋肉量が減り、基礎代謝の低い体になってしまうと、カロリー消費量が少なくなるので、ダイエットがしづらくなります。ダイエット後にリバウンドが起きやすいのは、ダイエットをすることで筋肉が減ったり、基礎代謝が下がってしまった時に、食事の量をダイエット前の量に戻してしまうからです。筋肉が少なくなってしまうことがリバウンドの原因になってしまうので、筋肉量を落とさないようなダイエット方法を選択する必要があります。
リバウンドをしない太りにくい体質にするためには、食事制限だけでなく適度な運動もして筋肉を減らさないようにすることが大切になります。リバウンドの原因になる基礎代謝の低下が起きないように、ダイエットのために食事量を減らしている時でも、筋肉が衰えないように適度に鍛えておくと、減った体重をキープできるでしょう。