お守

今日はこんなにお天気が良いというのに、私は、義母のお守です。(泣)
子どもが小さい時は、安心して働きに行けたり、会社の残業も、お迎えの時間を気にすることなく出来たりして、同居していることで、すごく助かっていました。ところが、子どもたちも大きくなり、助けがいらなくなったり、私の更年期突入・・・などなど、いろいろなことが重なり、義母と関わることが、うっとうしくなりました。
今まで助けてもらったから、元気ややる気をなくしている義母の力になりたいと、私なりにいろいろ提案したり、やってみたりしていました。
でもそれは、私の考えた事なので、結局押し付けになっていたんですよね。一生懸命になればなるほど、私も義母も疲れてしまったんですね。
私は、なんで!?なんで!?と義母を責め立て、義母は、ますます自信をなくす・・・不健康極まりないループで、最悪の結果となってしまいました。
そんな時、義母に認知症の疑いがあり、病院で検査をすることになりました。「どのように接したらいいのか・・・」との質問に、先生から、「3歳児と同じくらいです。」間髪入れずに言われました。
ああそうか・・・私の気持ちが、スーッと軽くなった気がしました。それ以来「3歳児だからしょうがない。」と、自分に言い聞かせています。(笑)